輸出の怪しい兆候②

ご訪問ありがとうございます。

静岡県磐田市で輸出と輸入のサポートをしております

貿易なんでも窓口の吉田です。

 

今日は、輸出の怪しい兆候①に続いて、

私が実際に経験した輸出のあ~~んな怪しい事についてお話したいと思います。

 

 

・・・商品の出荷準備が整ってきて

そろそろ送金の手配をお願いするべく

インボイスやパッキングリスト、便名、出港日など連絡!!

 

返事はすぐ返ってきました。

週明け〇〇日に手配するね~♪

と、必要事項を記入した申請用紙の添付もあります。

 

ん??

 

でも、記入してあるだけで金融機関に提出後の控えではなさそう、、。

提出したらまた連絡してね~とメール&電話しても、無視はなくても歯切れの悪い感じ。

 

結局出港を2度遅らせ、出荷中止し、一応事なきを得ました。

 

 

この会社、倒産していました。

 

途中から怪しんでいたし、金額も大きいので上司にも相談していました。

上司に相談してからは、入金を確認するまでは船に載せてはダメだと思い、

慎重に進めていたので商品はまだ日本を出ていませんでした。

 

なんとな~くイヤな雰囲気を無視せず、

ギリギリのところで事なきを得ました。

 

銀行に連れていかれた意味や、

会社内、そして店舗の明るさ、雰囲気、

その後のメールや電話で段々歯切れが悪くなっていた事、

 

兆候は沢山ありました。

 

実はこの会社。

初回の取引から数回輸出→訪問→倒産するまで1年経っていません。

 

何回か取引があり、どこか安心してしまっていたかもしれません。

でも、そうじゃないこともある!と心に戒めた経験です。

 

実は、同じようなことは他にもあるんです!

本当に、前触れなく、、という事も多いと思いますが、

兆候がある場合もあります!!

見逃さないよう、「いつもの」取引だから、、と安心しきってはいけません。

 

そして、この時助けてくれたのは、、、、、

 

 

あの3軒隣のとっても景気の良さそうな同業のお店です!!

 

実は、私、こっそりこの3軒隣のお店に飛び込みでお邪魔していました。

残念ながら取引はなかったのですが、

それでも定期的に連絡を取っていました。

 

そうなんです。

最近あのお店調子がねェ、、

という話をしていたら、常に情報を入れてくれました!

3軒隣ですし!

 

本っ当にありがたい!です。

いざという時に、特に海を越えた先にいつでも快く協力をしてくれる人がいるというのは、

なんとも心強いものです。

 

「慎重になる」ところと

「行動する」ところなど

いろいろ学ぶことの多かった出来事でした。

 

輸出の怪しい兆候①はこちら

 

最後まで読んで下さりありがとうございました!

貿易なんでも窓口

 

~・~・~・~・~・~・~・~・ 

6月20日から30分電話無料相談始めます。

今までの初回相談からの変更になります。

詳細は近日中にお知らせします。

~・~・~・~・~・~・~・~・

 

 

 初回無料相談について

→初回無料相談を申し込む

 

→お問い合わせフォームを送信する